FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

〔リベンジ鳴門の渦〕&〔七福神巡り〕 IN 【淡路島】

〔リベンジ鳴門の渦〕&〔七福神巡り〕 IN 【淡路島】
初上陸した淡路島が殊の外お気に入りになってしまったワタクシ!
前回は神戸入りルートでしたが、今回は岡山入りルートを選び、大好きな讃岐饂飩を食べてからの上陸を企てています♪
小振りな渦は見たけれど壮大な鳴門の渦の見頃は春と秋だと言う情報を基に秋の旅行計画を練っております♪
かなり涼しくなっていると思われるので、御神印張を握り締め七福神巡りもしようと思っています。
そして…お土産に購入してきた玉葱スープが大評判♪
今度は同メーカーの違う御味のスープも購入して味比べをしようと企てている受付Iです。
スポンサーサイト



ジブリ美術館

こんにちは、培養のOです。
今回もジブリの話しになってしましますが
先日三鷹にあるジブリ美術館にいってきました。
平日ということもあり、子供より大人が多い印象を受けました。
また外国人の方も多く海外での人気も感じました。

館内にはミニシアターがあり期間ごとに異なる作品を上映しています。
今は「星をかった日」という作品です。
15分ほどの短編映画なのでサクッと楽しむことが出来ます。
私はいつも入ったら初めにこの短編を見てからまわるのが好きです。
一気に世界観に浸ることが出来るのでその後の展示を見るのがより楽しめると思います。
あとは実際に中に入って遊べる猫バスがオススメです。
残念ながら小学生までしか遊べませんが、楽しそうで見ているこちらも楽しくなってきます。

駅から少し離れていますが近くに公園があり散歩しながら行けるのでのんびりするのにはいいと思います。
皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか。

英語でファンレターを書いてみました

こんにちは、培養のM崎です
14日に大好きなマッツ・ミケルセンと写真を撮ってきました!
1人1人に握手したり、ポーズのリクエストをきいたり
とっても親切な方でした!
今回は初めて英語でファンレターを書いてみました
久々にちゃんとした英文を書いたのですが
「4ヶ国語話せるマッツなら多少間違えても通じる!」
と完全に相手に頼った考えでスペルなどあまり気にせず
書いてしまいました 笑
プレゼントも渡せるのですが箸とかはかぶると思い、
外国の方に人気らしいじゃがりこ、グミ、のりチップス、
コアラのマーチを入れてみました!
特に日本のグミの柔らかさは外国の方に
人気なんだそうです!
入れなかったグミを食べながら返信を待とうと思います

卒業後の進路

こんにちは。
培養Mです。

先日中学高校時代の恩師から連絡が入り、在校生に向けた卒業後の進路についての講演を行って欲しいとのオファーを頂きました。
わたしが在学中にもこのような機会は沢山あり、先輩方のお話を聞くのはとても新鮮で刺激を受けたことを覚えています。
ですが、まさか自分がお話をする側に立つとは思っていなっかたので連絡を受けてとても驚いている状態です。

わたしの母校は大学付属の女子校ですので、理系で尚且つ外部を受験する生徒は少ないです。
だからこそわたしの様な少数派の生徒さんの為になるようなお話が出来たら良いなと思います。
また、胚培養士という仕事は世間的にもまだ認知度はあまり高くない職業ですのでこの機会に胚培養士の役割を知って頂き、不妊に関するのお話をすることによって若い世代の女性に少しでも不妊治療に関心を持ってもらえたら、将来の不妊患者さまを少しでも減らすことに繋がっていくのではないかと考えています。

【精子のしくみ】

今日は精子についての続きです。
精子のもととなる精粗細胞は、精巣にある精細管で生産され、精巣上体部に移り成熟を経て精子となります。その後精管で貯蔵され、射精のときを待ちます。
以前、卵のお話のときに“生涯で成長する卵子の数はお母さんのおなかの中にいる時点で決められている”と述べましたが、精子の場合は幹細胞といって、都度生産され分化・形成する特殊な細胞のひとつです。
毎日生産される精粗細胞は精子に成るまでおよそ75日前後といわれています。この期間に高熱に及ぶ風邪等、放射線治療を受けるなどした場合は、その後精液とともに射出される精子には影響が出ると考えられます。

そんな精子の構造について頭部・頚部・尾部に分けてお話しましょう。

まず丸い頭部に核が凝縮されているほか、真ん中くらいまで先体とういうものに覆われています。これは精子がいよいよ卵子に突撃するぞー!というときに卵の成長を促すはたらきをもつ卵丘細胞を酵素で分解し、スムーズに通り抜けられるようにする役割をします。さらに、さぁ卵に接着!という場面で卵をバリアしている透明帯という膜をこれまた酵素で分解し、侵入しやすくします。これを“先体反応”といいます。

頚部にはミトコンドリアと受精の際に大事な役割をもつ中心小体が存在し、頭部と尾部の接合部を担います。

尾部は卵子の元へ突き進む鞭毛の役割をします。
射精された精子は子宮まで進み、卵管まで到達すると卵子が排卵されやってくるのを卵管で待機しています。その後排卵され近づいてくるのを感知した精子はそれまで以上に尾部をひっきりなしに動かし、頑張って卵子のもとへ向かいます。これをハイパーアクチベーションといいます。
最近、尾部先端には左向きらせん構造になっているのを発見した報告があります。このらせん状がどんな意味をもつのか分かれば精子の動きで重視される前進性のはたらきなど様々なことが判明してくるといわれています。


少し長くなってしまいましたが、精子についてご理解いただけましたでしょうか。
まだまだお話足りないくらいですが、受精・妊娠するまででもいかに奇跡的というのが伝わればいいなと感じます。
そしてその奇跡に我々がお力添えしていることを誇りに思い、これからも更なる努力をしていきたい所存です。

胚培養士Tより