FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

【培養士ってなにをしているの?】

皆様からは見ることの出来ない培養室、その中で我々培養士はどんなことをしているのか気なりませんか?
このブログでは少しずつ、日ごろどんなことをしているのか紹介しけたらなと思っています。

わたしたちは、
採卵、体外受精、顕微授精、精液検査、人工授精、精子凍結、精子融解、胚凍結、胚融解、移植
様々なシーンで皆様の大切な大切な、いのちとなる卵子・精子・胚を大事に扱っています。
1日の大まかな流れは同じでも、毎日複数の検体を操作しています。
そこで大事なのはダブルチェックです。これは培養業務の基本のキともいえるでしょう。
当院は培養室外でも、ご本人確認など徹底して行っていますが、培養室内で行う業務にはこのダブルチェックなしでは進みません。
卵・胚、精子をもとのある場所から移動する際、様々なシーンで必ず培養スタッフ2名以上で皆様のID・氏名を確認しながら業務を進行し、卵子・胚、精子の取り違い防止しています。

次回はさらに詳しくお話したいと思います。

胚培養士Tより