FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

【精子精製方法②】

【精製方法②】
今回は、当院で行っている体外受精の精液精製法についてです。

密度勾配遠心法といい、以前紹介いたしましたSwim up法より洗浄度を高め、精子を沈降させる方法です。
密度の異なる精製用の培養液の上に精液をのせ、遠心機にかけると目の粗さが異なるふるいにかけた状態になり、不要な細胞等以外の精子が沈降します。これを更に洗浄したもので媒精・顕微授精していきます。

精子の場合は卵よりDNAの損傷を受けやすく、また一度損傷を受けると自己修復が不可能な為、受精後に損傷部分を卵の能力で補います。画期的な現象ではありますが、精子の損傷が大きければ大きいほど、その後の胚の発育に影響していくといわれています。
精液の精製を行うにあたり、広く一般的に遠心の力を利用します。この時点で精子の損傷はつきものですから、これを最小限にするのが培養士の仕事です。丁寧に丁寧に、かつ迅速にを心がけています。

胚培養士Tより
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/481-a15103aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)