FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

風疹

こんにちは、培養のOです。
桜が散り始め春も終わりが近づいてきましたね。
そこで今回は春先から初夏にかけて流行する風疹についてお話ししたいと思います。

風疹とは、飛まつ(唾液のしぶき)などで感染する感染症で、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
感染しても無症状のまま免疫ができる人もおり、多くの人は一度かかれば生涯風疹にかかることはないといわれています。コレだけ聞くと普通の風邪と同じではないかと思いますね。

では風疹のどこが怖い病気なのでしょう・・・?
それは妊婦さんが感染した場合です。
妊娠初期(妊娠20週まで)にかかると、生まれてくる赤ちゃんに障害(難聴、心疾患、精神や身体の発達の遅れ)が出る可能性があります。これらの障害を先天性風疹症候群といいます。

ですが風疹は予防接種で予防できます! 男女問わず予防接種を受けましょう!

最近は30~50代男性が流行の発生源になる場合が多く、夫、同居成人男女、職場の同僚から妊婦さんにうつることが多く見られます。また、妊娠中は予防接種を受けることができません。大切な家族にうつしてしまう前にしっかりと予防接種を受けることをお勧めします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/498-3eea6031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)