FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

医療ニュース

こんにちは。
培養Mです。

先日、オランダで不妊治療を行っていた男性医師が患者様に無断で自らの精子を用いて体外受精を行っていたと言う報道がありました。
それによって少なくとも49名の赤ちゃんが誕生していたということです。
また他にも同様のケースで誕生した赤ちゃんがいる可能性が指摘されています。
この問題となったクリニックはすでに閉院していて、治療を行った医師はすでに死亡しているそうです。
なぜこの様なことが起こってしまったのでしょうか。

現在日本では、日本産婦人科学会の会告により『体外での配偶子、受精卵の操作にあたっては、安全確保の観点から必ずダブルチェックを行う体制を構築すること』とされていますので、誰にも分からないように勝手に他の精子や卵子を扱うことはまずありません。
当院でも職員が何か作業する際には、必ず別の職員が患者様のID番号、氏名を確認してからでないと操作は行いません。

ですが、あの様なニュースを目にしてしまうと患者様からしたら大変不安に思われますよね。
特に培養室は閉鎖された空間で、普段患者様が培養室内を見ることが出来ないのでなおさら不安になられるかと思います。
ですので、治療を行っていく上で不安に思うこと、疑問に思うことがございましたらいつでもスタッフにお尋ねください。
そしてしっかりと信頼関係を築き上げた状態で治療を行っていきましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/508-a2c08fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)