FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

【卵子の守護神?】

今日は透明帯についてお話します。
卵子の一部である透明帯は、細胞質の周りを覆いバリアするように守る役割がます。
また、受精の際に、精子はこの透明帯に接着することで更に卵子へ侵入しやすくなる反応が起こります。
その後、1つの精子が侵入するとこれ以上精子は侵入させないぞ!と、透明帯は硬くなります。
受精後に、胚の成長が進むと細胞質の分割が始まります。この時も透明帯があることでひとつひとつの割球が離れることがないように保護し、やがてコンパクションを起こし桑実胚から胚盤胞期胚へ。
拡張した胚盤胞は透明帯を押し切って外へ外へと脱出していきます。これで透明帯の任務は終了です。

様々な役割をもつ透明帯ですが、逆を言うとそれを発揮できないと受精が成立できません。
ずっと硬い透明帯で精子が侵入できない、精子侵入の制御が出来ずに多精子受精になってしまう。
しかし、このような症例が続く場合は、顕微授精を行うことで回避できます。

最近では、ヒトでも稀に遺伝により透明帯のない卵子を産生してしまうことが原因で、不妊となってしまうことが判明しました。
男性は卵子を産生することはありませんが、透明帯があるなしの遺伝はもっているので、父方からでも遺伝はしてしまいます。透明帯がない卵子が体内で排卵、受精、胚の成長、着床、妊娠までは障害が多く難しいかもしれません。
しかし、採卵することで最初から透明帯がないことが判明していれば、顕微授精をすることで妊娠へ一歩近づけるんです。
顕微授精の対象は精子側の原因でなく、幅広く利用されています。
高度生殖医療てすごいですね、ほぼ毎日隣り合わせで過ごしているのに毎日関心感動があります。


培養士Tより。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/712-b7287515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)