FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

【受精のお助け】

通常、精子の頭部(先体)は卵子の細胞質に侵入すると物質を放出することで、卵子のカルシウムイオン濃度が上昇し、様々なシグナルを介して受精が成立します。
しかし、卵子側がカルシウムイオンを出せなかったり、精子がうまく反応できずに受精しないことがあります。受精しなかった理由が全て同じとは限りませんが、当院では受精確認時に全く受精していない、もしくは受精していないものが大多数の場合はカルシウムイオノフォアという薬を使用し、卵子を活性化します。この効果で、カルシウムイオンが上昇すると受精することがあります。
カルシウムイオノフォアを使用しないと受精しない場合は、次回採卵が必要になったとき、以降も使用の対象となります。

培養士Tより
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/722-83675a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)