FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

胚のグレード

こんにちは。
培養Mです。
今回は胚のグレードについてお話をさせていただこうと思います。

まず胚とは受精卵のことを指します。
卵子が精子と出合い受精が完了すると分割が始まっていきます。
当院では3日目の初期胚という状態で卵を凍結または移植。
5日目以降、胚盤胞という状態になったら凍結というプランで基本的に培養が進んでいきます。
この3日目の初期胚と5日目以降の胚盤胞ですが同じ受精卵ではあるのですがグレードの付け方が異なってきます。

まず初期胚のグレードに関してです。
クリニックによって独自のグレード付けをしているところもありますが、当院では初期胚はVeek分類と呼ばれる形態的評価に基づきグレード付けしています。
このVeek分類では胚を5段階で評価します。
グレード1 細胞の形態が均一でフラグメンテーションを認めない胚
グレード2 細胞の形態が均一でわずかにフラグメンテーション認める胚
グレード3 細胞の形態が均一でなく、少量のフラグメンテーションが認められる胚
グレード4 細胞の形態が均一でなく、多量のフラグメンテーションが認められる胚
グレード5 フラグメンテーションだらけになり細胞が確認出来ない胚

フラグメンテーションというのは細胞が分裂する際に生じる欠片のようなものになります。
ですので<8分割グレード1>の卵であれば8細胞に分割したフラグメンテーションを認めない胚ということになります。
当院では基本的にグレード3以上の胚が凍結または移植の対象になりますが、分割の度合やフラグメンテーションの程度により胚盤胞まで培養を続けるというプランに変更になる場合もあります。Dr
次回は胚盤胞のグレードについてお話させていただきますね。

今日のDrA
ラジオ体操59日目
培養士1名参加

朝のTVでハンカチでマスクを作る方法をやっていました。
事務長が早速作ってみて、これはいい!と気に入っていました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/810-98a95344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)