FC2ブログ

CMスタッフの日記

横浜市営地下鉄センター南駅で開院している生殖補助医療を専門にしたクリニックです。日々のクリニックでの出来事などをご紹介いたします。

胚盤胞のグレード

こんにちは。
培養Mです。
今回は前回からの続きで胚盤胞のグレードについてお話させていただきます。

初期胚ではVeek分類を基にしてグレーディングしていたのに対して胚盤胞ではGerdner分類と呼ばれる形態学的評価を用いてグレード付けしています。
まず胚盤胞は胚の発育の度合いで6つの形態に分類されます。
1 初期胚盤胞 
2 胚盤胞
3 完全胚盤胞
4 拡張胚盤胞
5 孵化中胚盤胞 
6 孵化後胚盤胞
数字が大きくなればなるほど胚の成長が進んでいる状態になりますが、この数字はあくまで成長の指標ですのでグレードではありません。

グレードに関しては内部細胞塊(赤ちゃんになる細胞)と栄養外胚葉(胎盤になる細胞)をどちらもアルファベットA.B.Cの3段階で評価を付けています。
A 細胞数が多い
B 細胞数がやや少ない
C 細胞数が非常に少ない
内部細胞塊、栄養外胚葉ともに上記で判断することになります。
なので<5AB>という胚盤胞は、5段階目の成長ステージまで発育をした内部細胞塊が多く栄養外胚葉がやや少ない胚盤胞ということになります。

よく患者様から移植をした胚盤胞のグレードがどちらもC評価が付いていて状態が良くないのではないかという質問を受けることがあります。
3段階評価の1番下のグレードとなると不安になってしまう気持ちは分かります。
しかし、当院では胚盤胞になった胚でも凍結融解に耐えられない胚は凍結保存せず培養をストップさせています。
妊娠する見込みがない胚を移植しても意味がないですよね。
ですので、C評価が付けられている胚でもすでに篩いにかけられた選ばれし胚盤胞になりますし、グレードでは計ることの出来ない胚自身の生命力もありますのでご安心ください。

またの機会に、移植時にお伝えすることの多いアシステッドハッチング(AHA)についてお話させていただこうと思います。

今日のDrA
ラジオ体操71日目
ひとり

ついにプロ野球選手からコロナ感染が....
また開幕が長引きそうです。
負けるなNPB
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://isci.blog.fc2.com/tb.php/821-88230a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)